いらっしゃいませ

日本の自然と里山そして田園風景、人と人とのつながり

「日本の田舎と都会を繋ぐ架け橋となる」

会社の設立コンセプトとして、皆さまにツアーを 企画し催行しています。
海外・国内のご旅行についても航空券・宿泊施設 の各手配を承ります。

新着情報

読売新聞に記事 9月16日全国版朝刊紙

Posted by ontana on 10月 05, 2015

◊◊  
9月のある日、突然電話がきて私の起業時の動機などについて記事にしたいとの事、9/16の朝刊紙に掲載されました。

下記クリック
◊◊  
読売新聞の記事9/16付け

夕刊フジに記事掲載

Posted by ontana on 6月 23, 2015

6/19の夕刊フジに記事掲載 
◊◊  先月記者が来社し1時間程話をした内容が記事となりました。

夕刊フジの記事

明けましておめでとうございます。

Posted by ontana on 1月 06, 2015

田舎と都会を繋ぐ架け橋となるエイジェントとして交流のきっかけをご提供致します。
  本年も宜しくお願い致します。

        新年早々ある都市での鳥の大移動を目撃!

鳥の大群

日本の公害の原点~足尾銅山への下見=~

Posted by ontana on 11月 13, 2014

新着情報 日本の公害の原点 足尾銅山への下見
◊実施日:11月3日(月)
◊移動手段:大型バス 新宿から約4時間弱

足尾銅山の今は?
田中正造がこの地を告発したのは明治時代にも関わらず、
まだまだ自然への復興の道のりは先の様な気がした。
現在の技術を持ってしても、一度荒れた土地を自然に還すのは
至難の技であることを改めて思う。

植樹風景と今の足尾銅山周辺の山々

南三陸ソルガム収穫ツアーの報告

Posted by ontana on 9月 24, 2014

新着情報 南三陸ソルガム収穫ツアーのご報告
◊催行日:9月6日(土)~7日(日)
◊宿泊:民宿”なか”

         ソルガム収穫までの説明

  1. 荒れ地を整備して種まきの準備
  2. さとうきびと同じイネ科の食物なのでサトウキビのよう
  3. まだ暑さが残る9月初旬機械でソルガムを伐採し粉砕
  4. 400kgのビニール袋に詰めて出荷
  5. 10トントラックで3回に分けての収穫量

  6. ソルガムの種まきから収穫まで

    南三陸の現況
    南三陸は震災後の復興に向けて
    いろいろな工事がまだまだ道半ばでした。
    そして庁舎後を撤収するか、モニュメントで残すかと
    TV・新聞で賑わかせた町の庁舎の前には
    現在は慰霊の花束が置かれていました。

    南三陸町の庁舎後の全景と慰霊の花束